平倉社会保険労務士事務所
東京都文京区後楽2-16-10-302
TEL:03-3814-3138

憧れの職業 実際は?

ilm08_aa05007今週発売された経済誌で、給与の特集をしているものがありました。様々な会社や様々な職種の収入の比較です。
毎年このような特集が組まれ、その都度興味深く、そして楽しく拝見しています。

ユーチューバーも紹介されていました。今や、将来なりたい職業の最上位と言っても過言ではないユーチューバー。自分の努力と才能でいくらでも稼げるのが人気なのでしょうか。

ユーチューバーもそうですが、社会保険労務士をやっている私も自営業。多くの人が抱いているイメージは、
「好きなときに働いて、稼いだ分は全て自分のものになる。」
ではないでしょうか?
当たっている面はあります。会社勤務のと比べれば、自由はききます。ただ、自分で稼げなかったら、収入は0です。
会社に勤務していれば、決められた時刻に出勤し、決められた時刻まで働かなくてはなりません。ときには、決められた時刻を超えて働くこともあるでしょう。自由は制限されます。
その反面、雇用や賃金は一定程度補償され、失業すれば失業給付も受けられます(一定の条件を満たす必要がありますが・・・)
自営業者は、自由があるかもしれませんが、収入も仕事も、補償はありません。

小学校の時に、担任の先生が、自由について、椅子をたとえに教えてくれました。

「君たちが今座っている椅子には背もたれがある。だからそれ以上後ろに反り返ることができない。背もたれがなければ、自由にいくらでも反り返ることができる。でもそれは大変じゃないか。」

今でも印象に残っています。

憧れの職業の中に飛び込み、頑張っていくことはよいことです。挑戦が人を成長させるのですから。ただ、憧れだけでなく、覚悟をもって飛び込んでいって欲しいです。

社会保険労務士の顧問をお捜しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

トップへ戻る

コメント (0件)

コメントする