平倉社会保険労務士事務所
東京都文京区後楽2-16-10-302
TEL:03-3814-3138

月間売上半減で給付金

ilm08_aa08009新型コロナウイルスの影響で、休業を余儀なくされている企業やお店の皆様に情報です。
売上が、前年同月比で50%以上低下している月があれば、法人なら最大で200万円、個人事業者なら最大で100万円もらえる給付金があります。
経済産業省がやっている、持続化給付金 です。

〇対象となる事業者は?
中小企業、中堅企業、飲食店などの個人事業、フリーランスも対象です。
医療法人やNPO法人も対象です。
ただし、資本金10憶円以上の企業は対象外です。
売上が前年同月比で50%以上低下したというのは、2020年1月から12月まで間で、どこかひと月でもあれば、給付金の対象になります。

〇給付金額は?
法人は200万円、個人事業者は100万円ですが、以下の計算式で算出した売上減少分が上限となります。
前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上げ×12ヶ月)
前年の総売り上げ500万円で、前年4月の売り上げが60万円、今年4月の28万円だったとします。
4月をもとに売上減少分を計算しますと
500-(28×12)=164(万円)
これが法人であれば、200万円ではなく164万円の支給となります。

〇申請方法は
詳細は、4月の最終週をめどに発表されますが、現時点で必要書類として出ているのが以下の通りです。
・法人番号(個人事業者の場合は本人確認書類)
・2019年の確定申告書の控え
・減収月の事業収入額を記帳した帳簿など

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

トップへ戻る

コメント (0件)

コメントする