平倉社会保険労務士事務所
東京都文京区後楽2-16-10-302
TEL:03-3814-3138

定年延長と向き合う

ilm08_aa090034月18日付け日本経済新聞朝刊、横浜FCのオフィシャルクラブトップパートナーである株式会社LEOCさんが、80歳定年宣言というタイトルで中面全面広告を出しました。カラーでカズ選手の写真を大きく使ったという見た目のインパクトもありましたが、その中身にも非常に魅かれました。
「定年制なし」と漠然というのではなく、80歳という具体的な年齢を定め、そこまで雇用を保障するという力強いメッセージを感じました。

定年を延長するということは、いい事ばかりではありません。
・人件費が増える。
・若年者を採用しにくくなる
というデメリットもあります。もちろん、いい面もあります。
・熟練した社員(技術)が残る

・従業員が安心して力を発揮できる

失業率は低下し、有効求人倍率は上がっています。中小企業の人手不足感は高まってきました。それに加えて少子高齢化は今後も進んできます。優秀な人材をどう確保するかが企業の大きなテーマなのです。

定年延長は、すぐに決められることではないでしょう。しかし、企業の年齢構成は1,2年で変えるのは不可能です。長期的な戦略のもと、年数をかけて実行していくのです。ですから、いまから定年延長と向き合う必要があるのです。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所へ

インターンシップの留意点

ilm08_ab07008経団連は、これまで「5日以上」としてきたインターンシップの日数規定をなくしました。1日インターンも容認することとなりました。
インターンシップは、企業が学生に就業体験の場を与える制度であって、各企業でプログラムは日数を決めてよいものです。ではなぜ経団連がこれまで日数規定を設けていたからというと、インターンシップと名付けた実質採用活動ができてしまうからだと言われています。

さて、インターンシップはあくまでも就業体験です。アルバイトと違い、学生に業務命令をすることはできません。学生が、「この作業はやりたくありません。」と言えば、無理にやらせることはできません。
逆に、インターンシップと称して学生を募集し、実質は指揮命令下におき業務をさせていた場合は、労働者とみなされます。無報酬や最低賃金に満たない賃金で業務をさせていた場合は、労働基準法などの諸法令に違反することになります。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

高等学校向け 労働法授業案冊子 完成

e3808ce381afe3819fe38289e3818fe3808de381b8e381aee38388e38393e383a9昨年の夏より協力員として参加させていただいた、高等学校向け 労働法授業案冊子  「はたらく」へのトビラ〜ワークルール20のモデル授業案〜 が完成。昨日、厚生労働省よりお送りいただきました。

「働く」ということは人生のメインテーマなのかもしれません。それにもかかわらず、働くルール=労働基準法などの労働法 をよく理解していない方が多いというのが現状です。知らないがために、損をしたり、トラブルに巻き込まれたりすることもあります。労働者だけでなく、使用者側にもいえることです。

そのような事がないよう、若いうちから働くルールを教えていかなくてはなりません。そのための授業案が詰まっているのがこの冊子なのです。授業案にはワークシートや振り返りシートも含まれていて、コピーをすれば、そのまま授業で使える形式になっています。

授業案だけではなく、授業で活用する資料・データ(リンク集)も豊富に掲載されています。また、社会保険労務士などの外部協力者に授業を依頼する際の留意事項や確認・準備シート、授業依頼の窓口の紹介もされています。

個人的には、この事業でたいへん勉強させていただきました。このようなチャンスを与えてくれ、会議の運営も精力的にやっていただきた厚生労働省の皆様、文部科学省の皆様。資料の準備や、試行授業の際に学校側との調整をやっていただいた東京リーガルマインドの皆様。会議の中でいろいろご指導いただいた協力員の皆様。この冊子にかかわった全ての皆さまに、この場を借りて感謝申し上げます。この冊子を活用して授業を広めていくことで恩返しさせていただきたいと考えております。

参考サイト 「確かめよう労働条件」ポータルサイト

勤務間インターバル制度は努力義務?

kouhou_poster_515x728働き方改革の実行計画が発表されました。時間外労働の制限を罰策付きで法律に盛り込むことや、同一労働同一賃金では、何が不合理な待遇差なのかをガイドラインで示すことなどがあげられました。

長時間労働是正の有力手段として議論されていた勤務間インターバル制度、実行計画の要旨を読むと「努力義務」となっていて、法律で義務とはならないかもしれません。

勤務間インターバル制度は、終業時刻と翌日の始業時刻の間、一定の時間を確保する制度です。長時間労働の是正だけでなく、労働者の睡眠時間が確保できるという利点もあります。ヨーロッパでは多くの国で導入されていて、11時間の間隔をあけることが主流のようです。

しかし、日本ではあまり取り入れらていません。平成27年度の厚生労働省の調査では導入企業は2.2%。ここ最近導入する企業のニュースが出ますが、それでも少数派です。そして、間隔も8時間というものが多く、ヨーロッパよりも短くなっています。日本の企業には馴染みにくいので努力義務にするのかもしれません。

法律で義務化されないのであれば、規制がなく、各企業で自由に制度を設計できるという利点もあります。まずは試行してみるのもよいのかもしれません。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所へ

時間外労働上限 除外業種は

logistics_a25働き方改革で議論していた時間外労働の上限時間、
年間720時間
月平均60時間
繁忙月でも100時間未満
で決着しそうです。ただ、現在ある限度時間の原則
1か月45時間
1年360時間
特別条項付きの協定を結んでも、上記を超えるのは年6回まで
は継続します。

次の注目事項は、適用除外の業種がどうなるかです。現在も、次の事業又は業務は、上記の1か月45時間などの限度時間の原則は適用されません。残業は「青天井」なのです。
① 工作物の建設等の事業
② 自動車の運転の業務
③ 新技術、新商品等の研究開発の業務
④ 厚生労働省労働基準局が指定する事業または業務

業務の性質上限度時間を設定することが困難であることや、時間で成果を図ることが適さないことなどが理由で除外されています。
①の建設業については2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで。②の運輸業については5年の猶予という案もあります。ただ、長時間労働は人手不足の要因となります。②の運輸業の企業では、取り扱い荷物の総量規制など、自主的に労働時間を減らそうとする動きが活発になっています。

長時間労働を是正するためには、法律の規制だけでなく、各企業の自助努力も必要なのです。

時間外労働や36協定の相談は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

画像提供 イラストポップ

「春闘」はもう古い?

imagecaqtztxs3月15日、自動車や電機といった主要企業の春季交渉の回答が出ました。ベースアップはあったものの、昨年よりはやや減額といった感じでした。
中小企業の交渉はこれから本格化します。人手不足を背景に、大企業より良い回答が出るというところもあるかもしれませんが、慎重な回答をする企業もあるかもしれません。

春に行う労使交渉は、春闘と呼ばれています。誰が名付けたかは知りませんが、その年の賃上げ額を決める交渉だから、闘いのつもりで挑むという意味が込められているのでしょう。今から20年近く前になるのですが、私も労働組合の執行委員長として労使交渉の先頭に立っていました。その時は、闘っていました。

今年の春季労使交渉では、以下のような内容も議題に上がったようです。
仕事と育児・介護の両立支援
36協定の見直し
在宅勤務制度の導入・拡充
働き方改革のもと、長時間を是正しつつ生産性も維持することは、労使共通の課題です。お互いが、お互いの立場で意見を出し、お互いのためになる仕組みを作る。交渉とは本来そういうものなのです。

春に闘うという習慣は、もう古いのかもしれません。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

社会保険労務士が企業へ立ち入り検査?

ilm08_ab07008政府の規制改革推進会議は、企業に立ち入り検査する労働基準監督署の業務の一部を、社会保険労務士に委託することを検討します。

私自身、立ち入り検査の業務を任命されたら、適正に法令違反を指摘する自信はあります。ただ問題は、民間人である社会保険労務士に、どれだけの権限が与えられるかです。
労働基準監督官には企業への立ち入り調査権限も、法令違反に対する是正勧告を出す権限も、場合によっては法違反者を逮捕できる権限が法律で認められています。しかし、社会保険労務士にはそのような権限はありません。
法令違反を指摘しても、従ってくれないかもしれませんし、そもそも企業への立ち入りも拒否されるかもしれません。社会保険労務士にも権限を与えたらいいじゃないかと思うかもしれませんが、そう簡単には行きません。

労働条件は、企業の自主的な改善が理想です。社会保険労務士の指導により、企業が自ら是正をしていただければよいのです。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

36協定届の基本

20123-16多くの企業が、今月末までに36協定届(時間外労働 休日労働に関する協定届)を提出するため準備をしている時期かと思います。3月末までに提出することは法律で義務付けられているわけではありません。ただし、1年に1回提出し、多くの企業が4月1日を起算日にしていることから、この時期に集中するのです。

36協定届を作成・提出するにあたり、基本的ではありますが、以下のような事に注意しなければなりません。

・事業所ごとに作成・提出
例え本社も支店も同じ内容であっても、それぞれの事業場ごとに作成して管轄の労働基準監督署に提出しなくてはなりません。
就業規則の場合、10人未満の事業所は提出を免除されていますが、36協定届は提出しなくてはなりません。

・残業することができる時間を労使で決める
36協定届では、延長することができる時間(残業することができる時間)を、1日、1日を超えて3か月以内の期間、1年という3つの期間について、労使で決める必要があります。
新技術、新商品等の開発の業務に従事する人は、延長することができる時間の限度時間が適用されません。しかし、延長することができる時間(残業することができる時間)は必ず定めなくてはなりません。協定せずに無制限に残業をしてよいわけではありません。

・36協定届で定めた範囲内で残業、休日出勤
36協定届で定めた範囲内で残業や休日出勤が可能になります。、延長することができる時間(残業することができる時間)を短かめに設定した場合でも、その範囲内です。
それならば、限度時間ギリギリに設定した方がお得と思うかもしれませんが、これは労働基準法の趣旨から外れます。時間外労働・休日労働は必要最低限にとどめられるべきものであり、労使がこの事を十分認識したうえで協定を締結する必要があります。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで

J1へ 横浜FC明日開幕

0226_olJ2のリーグ戦が、明日2月26日に開幕します。カズこと三浦知良選手が50歳の誕生日を迎える日でもあります。

今年の横浜FCは、「やる気」が違います。先週行われたキックオフパーティーには、選手やチームスタッフ、スポンサー関係者など、およそ200人が集まりました。10年間スポンサーをやっていますが、開幕前にこんな盛大なパーティーを開いたことは初めてです。

個人的にも、監査役と役割が加わり、いつもと違う意識で開幕を迎えます。

戦力は充実してきました。昨年活躍した選手を残しつつ、弱点だったポジションを補強。前哨戦であるプレシーズンマッチでは好成績を収めています。

一年間のシーズンは長く、調子の良い時も悪い時もあるでしょう。何があっても、応援は続けます。そして、11月にはこのサイトでJ1昇格のご報告をできたら嬉しく思います。

今シーズンは、どこかでチケットプレゼントをしたいと思っています。これからも、今シーズンも、横浜FCへの応援をよろしくお願いいたします。

平倉社労士はJリーグ横浜FCのサポーティングカンパニーです。

残業上限 月60時間へ

ilm08_ac07009時間外労働の上限が年間720時間、月平均にすると60時間になりそうです。

今週開催された働き方改革実現会議でこのような案が示されました。繁忙期には月60時間を超えて残業することも可能だが、その上限はどうするのかなどが今後検討されるようです。

週休二日の企業であれば、3時間以上の残業を毎日続けたら、月60時間を超えてしまいます。朝の9時から勤務するのであれば、夜の9時までには仕事を終えなければなりません。実際には毎日同じ時間に仕事が終わるわけではなく、日によっては、夜の10時、11時となることでしょう。これが6か月、1年と続けば結構ハードです。健康の事を考えれば、この設定は「少ない」とは言えないでしょう。

現在も、延長時間の限度の基準から適用除外となっている「自動車の運転の業務」や「新技術、新商品等の研究開発の業務」が、上記の基準の対象になるかは今後の検討課題です。

2019年度(平成31年度)からの実施予定ですが、今後の国会審議等でどうなるかはわかりません。引き続き注目していきます。

社会保険労務士の顧問をお探しの企業は、東京都文京区の平倉社会保険労務士事務所まで